BEAUTIFUL STATE|真我 覚醒 目覚め マインドフルネス 瞑想 松果体 悟り 解放 ワーク チャクラ アセンション

Source of all 真我覚醒ワーク

Source of all
真我覚醒ワーク

真我覚醒ワーク開発にあたり

真我覚醒ワーク
開発にあたり

知性(全体性の視点)の失敗へといざなう自我マインド。疑うことなく地位、名声、多数決を信じてしまったり、言ったもん勝ちの同調圧力が主導権を握ってしまったり、自我マインドはあらゆる面で私たち人類を盲目的に翻弄し、本質を見失い、知性(全体性の視点)の失敗へといざなってきました。

霊性(スピリチュアル)の成長を求め歩み続ける「内なる旅」とは、あなたのふるさとである真の自己(純粋意識・真我・実在)へ回帰する目覚めのプロセスです。権威の勲章を得るためのものでもなく聖人君子になるためのものでもありません。むしろ真逆です。肉体面では全身あらゆる箇所に痛みや様々な症状が浮上し味わい尽くすこともあります。環境面では床を這いおののき打ち砕かれるような現象化に絶望を味わい尽くすこともあります。精神面では怒り、不安、恐怖、悔しさなどあらゆる感情を痛いほどに味わい尽くすこともあります。世界はあなたの内側の反映です。「内なる旅」は他人に告白するものではなく、自分自身に耳を傾け正直に観ることです。ハートはたいてい苦しみと向かいあった時に目覚めます。内なる全てのプロセスを黙想、瞑想のマウナ(沈黙)により観照し、気づき、味わい尽くすというしびれるほどに屈辱的で地味で孤独な旅路なのです。この真我覚醒ワークは内なる旅のプロセスでつまづき、もがき、道草を食す皆様を起死回生の恩寵によって報われるよう神聖なミッションとして招かれたライトワークです。覚醒は個人的な努力(自我・マインド・幻想)で達成できるものではなく「祝福」として受け取るものです。皆様の「葛藤、屈辱」をブレイクスルーし「歓喜、祝福」の変容へと一点突破でサポートさせて頂きます。

真我覚醒ワーク開発完成に至るまでは、長い歳月の内なる旅のプロセスと共に顕わになってくる真我・実在エネルギーの拡大と増していく密度を観察し精査してきました。自分の立ち位置のエネルギー的精査にはシビアに疑いを持つという事をしてきました。疑いを持つという事は、意地悪でネガティブ思考というものではなく「検証」です。解放プロセスが進み実在のパワフルなエネルギーが拡大し顕現するにつれて時に慢心の自我マインドが顔を出してきます。自我マインドに覆われた状態で行うエネルギー精査は本質から遠ざかり断片エラーが発生します。真実を見失うのです。バイアスのかかった盲目的自我から脱却し、物事、状況を柔軟に中立に観れる新しい自分(真我)に立脚することは大切であると感じています。今まで見えていなかった部分を観れる洞察を得るために一度検証し、居心地の良い思い込み観念の狭い額縁を壊して視野を広げることが、本質を見抜くプロセスでは大切であると感じています。

「本質を見抜く」それはエネルギーをエネルギーたらしめている真我・実在のエネルギーを観ることです。マインドに支配された二元相対のこの世で本質を見ようとする時、言葉、文章、知識、地位、名声、肩書き、権力、権威、ビジュアル、経験年数、多数決、思慮深げに装飾された雰囲気を見るのではなく、エネルギーフィールド(量子場)に展開する真我・実在の微細で精妙なエネルギーを本能的洞察で見抜くことです。

目覚め・真我覚醒ワーク 人類の解放

目覚め・真我覚醒ワーク
人類の解放

私たちの本質は真我であり、実在であり、純粋意識であり、無条件のフィールドであり、叡智です。これは言葉・概念としてお伝えしていますが、本来、知識として解釈できるものではなく、体験を通してでしか実感することはできません。ワンネスとは宗教や信条ではなく、状態であり体験なのです。

真我のエネルギーが人生において共鳴し展開している時、私たちは喜びを分かち合い、心の豊かさを味わうことができます。しかし、真我・純粋意識は狭いマカバ(意識の器)に封印されることで地球に降り立ち、3次元のマトリクス内にロックされることで(幻想自我・マインド・マーヤに覆い隠され)、私たち人類は本来の真我が分からなくなってしまいました。そして、私たち人類は、幻想自我・マインドと同一化することで、歴史的にも、人生においても重いプログラムを経験することを余儀なくされ、肉体面、精神面、環境面で著しく多くの問題を抱え奮闘してきました。あらゆる体験を自我マインドにより古く退屈でつまらないもにさせられてきたのです。

宇宙経綸に遍在する真我を展開させて生きることが私たちの本来の姿です。人類の問題の唯一の解決策は、私/自分という分離感、自我という限定された感覚を終わらせることです。自我の支配下に置かれ同一化し翻弄されている自分の内側に気づくことです。家族・国・地球の集合意識において真我を展開させ、意識レベル、目覚めレベルを高めることが今の世界人類の平和を実現する唯一の方法です。境目のない愛の体験は人類のDNAに刻まれたあまたの傷を癒すでしょう。

真我覚醒ワーク オイカイワタチプロトコトル

真我覚醒ワーク
オイカイワタチプロトコトル

真我覚醒ワーク は全ての人々に積極的に提供するものではなく、真の自己に目覚めた人々、内なる旅への探求者、帰依者に向け、当方が開発し提供しているものです。これは、内なる旅のプロセスは、早い遅い、優劣という物差しではなく、人間を含めたあらゆる現象と、宇宙に存在する一切のもののプロセスは万物流転として完璧であり、それぞれのプロセスの段階を経て準備が整い導かれる方々を必然としてサポートさせていただくワークだからです。目覚めのプロセスをパワフルに有意義に進められますよう願っております。

真我覚醒ワークは、あらゆる形の困惑や葛藤や後悔を一掃する素晴らしい叡智の旅であり、あなたを真の自己へと目覚めさせてくれます。内なる旅を歩むことは人生の動きに真我・実在の叡智の光を照らすことです。それが成功や失敗であれ、拒絶や愛であれ、別れや出会いや損得であれです。あなたが停滞したままでいたり、人生の流れから離れたままにならないように人生の問題への対処を教えてくれます。叡智に目覚めると人生の偉大な流れと一体になります。あなたは全体性への感覚と共に深遠な気づきから生まれるパワーと共に生きはじめるでしょう。

そして目覚めレベルを高めることで、私たち人間は多次元的存在であることに気づき、真我=「実在・意識・至福」であることを概念からではなく体験として気づきはじめます。自我マインドの幻想コンパートメントが雲散霧消の如く浄化されて、真我が顕わになり無条件のフィールドに満たされた時、全宇宙は至福であることを知るのです。この瞑想状態は肉体を持った個我を通して体現されることになります。ここ3次元地球でありながらにしてライトボディー(身体の珪素化・高次元DNAの覚醒)に変容し光のスペクトラムが顕現することになります。

真我=Beautiful State=Source of All

真我=Beautiful State

常に真の自己・真我はいまここに普遍的に、無限に、森羅万象として実現しています。真の自由は外の世界に在るのではなく内側にあります。人生とは謎を解明するものではなく、神秘を体験するものです。

狭い額縁の自我のヴェールを剥ぎ取って真我として生きる段階に来ている皆様、美しい意識状態・目覚めを求め内なる衝動が湧き起こる皆様に、パワフルにそして穏やかにサポートをさせていただきます。

覚醒ワークは、真我・実在に委ねられ、全ては人智を超えた高次元の計らいにより必要なプロセスと適切なアップグレードは自動的に導かれます。

効果

効果

解放が進むことで奇跡的な体験、精神面、肉体面、環境面の緩快や、様々な症状、病気の回復・快方が起こることがあります。これは、その人にとって重いプログラムから解放されたことで起こる必然のプロセスです。しかし、全員が皆、自我マインドの望む期待通りのプロセスをたどるわけではありません。これは一人一人の背景のプログラム(質・量)が異なるためであり、ある人にとっては莫大なプログラムの量を長い期間をかけて解放してゆくことが最善である場合は時間がかかることもあります。すべてのプロセスは真我・実在の完璧な計らいに委ねられます。

*真我・実在の覚醒ワークは医療行為を目的としたものではありません。とお伝えはしていますが、実際は人智を超えて人間、人生全般というものを大局的に「本質」として捉えているため、本質の一側面である「心身の健康そして美容」は大いに解放され、大いに快方へ導かれることを把握しております。実際に重い症状・病気が治癒、緩快していくあまたの奇跡を日々の臨床現場で目撃しおります。「本質」の解放がいかに超越的でポテンシャルを秘めているかはもはや言わずもがなであります。西洋医学・科学の限界が人間の限界ではないのです。

・物事や状況に対して、固定観念・思い癖など狭い視野でネガティブに捉えていたものから解放され、捉え方が変容していく。
・自我マインドに主導権を握られていたものが真我が主導権を握り始める。自我マインドと同一化し翻弄された状態から、真我が俯瞰して自我マインドを観察している状態、気づいている状態になる。「真の自己」とは行為者ではなく行為すべてを観察している目撃者(真我・実在)であることを知る。
・状況に主導権を握られていたものが意識状態(普遍意識)が主導権を握り始める。
・状況が問題ではなく、状況を問題たらしめているあなたの内側(自我マインド)が問題であることに気づけるようになる。世界はあなたのものの見方を反映していることに気づく。世界をどのように体験するかはあなた次第であることに気づく。
・問題が問題ではなく、問題を解決しようと奮闘する解決策自体(自我・欲)が問題でり、それが新たな問題を作っていることに気づけるようになる。
・マインドによる解決策ではなく全体性の視点(知性)による解決策に意識的になり直感力が増す。
・今自分がやっていることが、気づき直感(真我)からのものなのか、無意識のマインド(自我)からのものなのか、わかるようになり内側への気づきが増す。知るための物差しとしてそこに葛藤・窮屈さがあるかないか。葛藤・窮屈がないとき、あらゆる活動はスピリチュアルなものとなる。
・人生経験の中で物事への認識と洞察力が深くなる。
・本を読むのではなく、あなた自身を読み解くようになる。パワースポットに行ったり、パワーストーンを持つのではなく、実はあなた自身が内側に強力なパワースポットを秘めていて、どんな物よりもあなた自身がパワフルなパワーストーンのように光の存在そのものであることに気づく。(一家に一人ヒーラープロジェクト)
・自我マインドの産物である「過去と未来」から解放されることで、真我である「いま・今」のゾーンそのものである時間の割合が増す。
・「真我=いま・今」の無条件のフィールドでの引き寄せ、アファメーションの効率化。渇望(自我)から願望(真我)へのシフト。
ex 欲しい欲しい(渇望・葛藤)が消えた時、欲しいものがやってくる。
・奇跡の現実化(マニフェスト)は自我マインドによるポジティブシンキングで起こすことはできません。あなたの無意識層の奥深くに過去から流れる破壊的な信念や傾向、蓄積した幼少期の記憶、辛い心の傷、これらに神秘の科学が訪れ癒しのプロセスを体験し浄化された時、可能性のスペースが広がり奇跡の現実化(マニフェスト)を引き寄せる。
・音楽家、芸術家、アスリート、研究者などのパフォーマンスにおいて真我・実在が展開しゾーンに入りやすくなる。
・自我マインドからの解放により肉体・エーテル体・アストラル体・メンタル体・コザール体の浄化が進む。細胞DNA・高次元DNAがアクティベートされライトボディへとテンプレートされていく。
・マインドフルネス、瞑想が深くなる。広大無辺の静寂そのものへ溶けてゆく。静寂とは、騒音が無いことではなく、葛藤がないということを知る。思考が静止すると静寂・至福がありワンネスを発見する。静寂にある時わたしたちはハートで傾聴することができる。
・他者へのヒーリングやセルフヒーリングの単位時間当たりの解放量が増し、解放スピードが加速しパワフルになっていく。
・解放プロセスが進むにつれて意識レベル・目覚めレベルが上がってゆく。すなわち、真の自己=ふるさとエネルギー(真我・source of all)が顕わになって光の球体は拡大していく。
・既存のヒーリングでは、ヒーラーは高次のエネルギー伝授・アテューメント・ダウンロードされることで中間媒体となりそのエネルギーをクライアントに送るというのが主流です。しかし、中間媒体としてではなく、当方の真我覚醒ワークであなたの解放プロセスを内なる最奥へ深く進めることによってあなたの個体を通して体現されるライトボディの変容が深まり真我・実在(source of all)そのもののエネルギーとしてパワフルにヒーリングを施し癒すことが可能になります。あなた自体がエネルギーの発光源になるということです。
・真我に共鳴し展開していく生き方に近づくため、物事がスムーズに流れやすくなる。また、潜在能力・才能が開花しやすくなる。
・感覚器官は混沌とした思考、感情の絶え間ない雑音から解放される。五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)は研ぎ澄まされクリアな知性が展開し始める。
・松果体、全チャクラ振動数のバランスィング、プラニックテューブ、グラウンディングが調和し叡智が統合されることで心身の健康だけでなく、人生のあらゆる側面で安定感が増していく。知性の目覚め=ムクティ。
・真我・実在による神秘の科学はエネルギーセンターの7つのチャクラの活性化と72,000のナディ(エネルギー体の経路)の活性化に導きます。これらのチャクラは物理的な宇宙と同様に霊的な宇宙の扉でもあるのです。
・クンダリーニとは宇宙の最もパワフルなエネルギーの一つです。すべての人間の背骨の基底部に存在し燃える神秘の炎つまり原始の宇宙エネルギーです。クンダリーニの目覚めは普遍的な体験であり、それを知っていようがいまいが世界の人々に起きています。クンダリーニはブランマ・グランディ(第1・2チャクラ)を上昇し死や喪失に対する恐れ、執着を克服します。次にビシュヌ・グランディ(第3・4チャクラ)を上昇し権力や重要性へのエゴの渇望を超越し愛が高まります。最後にルドラ・グランディ(第5・6・7チャクラ)を打ち破り上昇することで「真の自己・本質」に目覚めます。それが「ワンネス」です。
・私たち一人一人が純粋意識(真我)を拡大することで集合意識のフィールドへインパクトを与えることができる。集合的な苦しみを取り除くことができる(貢献・ダルマ)。意識のシフトが地球規模の変容をもたらす。あなたの解放は世界の解放です。意識はワンネスで繋がっていることを知る。例えば身近なところで、クライアント様本人が真我覚醒ワークで目覚めレベルを大きく上げることで、クライアント様の一親等の父母、お子様、兄弟の目覚めレベルも自動的に自然に上がり変容をもたらすことができる。二親等、三親等と離れるごとに弱まりますが目覚めレベルの変容を自動的にもたらす。
・霊性(スピリチュアリティ)とは、精神世界と現実世界を区別するものではありません。瞑想をしたりヨガをしたり生活様式を変えてベジタリアンやビーガンになることでもありません。霊性(スピリチュアリティ)とは分離感を超越し目覚めた意識状態で人生を体験することです。生きることです。
・覚醒・悟り(エンライトメント)とは、人類史上最古から伝わる探求であり最高の祝福として求道者たちにより最も大切なものとして伝えられてきました。自然や精霊と霊的なつながりを持ったマヤ人。宇宙意識、ブラフマンの本質を探求したインダスの人々。すべての生命、普遍的存在、陰陽バランスの伝統である中国のタオ。意識の覚醒センターのピラミッド、マスターの象徴としてのスフィンクス、古代エジプトアトランティス。
・「エネルギーで観る」=偽り隠せぬ真実発見器。本質を見抜くときマトリクス内で鮮やかに彩られた地位・名声・言葉を遠巻きにする。
・写真(人物・神社仏閣・開眼法力された像・土地の磁場など)・動画・ホームページ・著作物・本・絵画・ブログ・文字・文章・会社や組織全体の集合意識など、真我・実在の本質エネルギーは放たれており感知し精査できる。例えば亡くなり肉体を脱いだ聖者の写真からもエネルギーは遍在しているため感知し精査できる。
・臨床現場で多くの方々に対して真我覚醒ワークをさせて頂いたことで明確になったことがあります。個人差はあるのですが目覚めレベル60前後まで解放設定し到達することで大きな1つの幻想コンパートメントの膜が破れ、まるで今まで凝縮・圧縮されていたものから解放され自由になるかのようにそこから目覚めレベル70前後まで自動的に弾け飛ぶように光の球体(真我・実在)は拡大していきます。光の密度を増して膨らんでいきます。これは紛れもなく全ての方々に観察できます。同じようにこのような自動的に弾け飛ぶ解放の現象が目覚めレベル100~105前後、160前後、更に上位目覚めレベルでもこの現象は続くのですが全ての方々に観察できます。真我覚醒ワークの解放中と弾け飛んで光が拡大中のクライアント様の体験をタイムリーにお聞きできることが多いのですが、皆様それぞれに筆舌に尽くしがたい神秘の体験を語って下さり聞き惚れております。お一人お一人具体的に目覚めレベルのどこで弾け飛びどこまで自動的に拡大が進むかは事前にキネシオロジー検査で目覚めレベル小数点第1位まで正確に把握することができます。
・目覚めレベル70・100・150・200・250・300・350~1,000・万・京・垓~無量大数~sauce of allの意識を体験して知ること。それは、一瞥体験者や覚者や聖者と呼ばれる人々を崇め奉り候という「妄想」、祭り上げていた高貴な存在という「幻想」が木端微塵に打ち砕かれる。スペシャルな存在など存在しないことを知る。全人類76億人に実在の光が内包していることを知る。動物、植物、鉱物、海、山、川、大地、地球、物理的な宇宙、全てが光の実在の顕われであることを知る。
・皆様が真我実在のエネルギー精査をする際によくある見誤り、断片エラーがありますのでお伝えしておきます。真我実在のエネルギーは非常に微細で精妙です。そしてザラツキ感は皆無で透明感があります。目覚めレベルが高まるほど真我実在の顕現は拡大しパワフルになり両手に膨らんで押し上げてくるエネルギー圧、密度の感覚が増加していきます。イメージで言いますと例えば光の中心から光のエネルギー球体が100メートルに膨らみ広がっているとします。光のエネルギー球体の中に入り中心から1メートルに位置し両手で光の中心のエネルギーを感じた時、膨らんで押し上げてくるパワフルな感覚です。一方、自我マインドのエネルギーは低い周波数でザラツキ感があり物質的です。重いものになるとズキズキ、バチバチと痛いほどです。通常人間は誰でもこの永遠の「真我実在」に幻想の「自我マインド」が混入して覆い隠すように量子場(エネルギーフィールド)に展開しています。青空(真我実在)を雨雲、雷雲(自我マインド)が覆い隠すイメージです。「真我実在」の柔らかなエネルギーが膨らんで押し上げてくる中に「自我マインド」の粗目の重い粒子エネルギーが混じっている感覚です。
よくある見誤り、断片エラーは、真我実在のエネルギーを精査しようとするのですがあまりにも微細で精妙なため感知することができず、自我マインドの物質的なエネルギーの方を真我実在と見誤って感知してしまうのです。まだ目覚めレベルの浅い段階ではこのような見誤り、断片エラーがよく起きてしまいます。目覚めレベルが高まることで高位次元からの視座が増加していき真我実在のエネルギーを精査できるようになっていきます。

・私たち人類は3次元という縦軸、横軸、前後軸の立体空間(1次元の線:時間=過去-現在-未来。2次元の面。)の世界観の中で生きています。認識できる視点(どこを観るか)、認識できる視野(どの範囲を観るか)、認識できる視座(どこから観るか)、3次元の位置から認識できる視座は狭く限定されたもので多次元構造の高位次元を認識することができないシステムの中にいます。次元上昇(アセンション)し高位次元にマカバ(意識の器)が拡大することで認識できる視座は広がります。高位次元からは低位次元を広く俯瞰して認識することができるのです。このようにエネルギー精査に於いても、最初は精査が漠然としていてわからなかったものが目覚めレベルを高めれば高めるほど高位次元のエネルギーの違いをより緻密に正確に精査できるようになっていきます。(個人差はあります。)または、人それぞれの眠っていたサイキックが覚醒してくるケースもあります。

目覚めレベル(人類平均レベル0.7〜1.0)

目覚めレベル
(人類平均レベル0.7〜1.0)

人類76億人の目覚めレベルの平均値は0.7~1.0。人類、動植物、鉱物含め、森羅万象すべてが実在の顕われ。
全人類が実在の顕われそのものなのだが、皆自我マインドの重い幻想のヴェールに覆われて隠されてしまっているということ。凝縮したエネルギーに閉じ込められ分離感を持った個別自己はあまりにもリアルに写る。バーチャルリアリティ(仮想世界)であることを見抜けない。

(内側へ)目覚めレベルを高める。(外側へ)意識レベルを高める。とは方便であり高ければ優れているとか低ければ劣っているというさもしいプロトコルではありません。内なる最奥へ旅路が進むにつれて自我マインドの重いフィルターがどんどん外れていきます。すると人類誰もが内包している本来の真の自己・真我実在が解放されていきます。解放された真我実在の光の周波数は私たちの量子場(エネルギーフィールド)に顕現していきます。内なる旅のプロセスが進むにつれて段階的に光の周波数は拡大し密度を増していきます。「目覚めレベル」とは故郷である真の自己の割合の指標です。

 

肉体を持っている場合、人生で経験する艱難辛苦やチャレンジのプロセスを乗り越えていくことで自然とアセンションし変容する場合があります。またご病気などによりディセンションする場合もあります。

様々なフィールドでRock and Rollな人生を歩む人々、それは、上手いとか、下手とかではなく、内側からあふれる魂の衝動に垂直であり、子供の純真無垢さで突き動かされて、あるがまま、ありのままに人生を表現し体験しているのでしょう。Rock and Rollとは、真我・実在を人生で思う存分に展開し続けること。そういう風に思います。

目覚めレベル
↓左▼アイコンクリックで開きます

ユーミン(音楽)43
中島みゆき(音楽)44
久石譲(作曲家 ジブリ 長野県中野市)45.2
YOSHIKI(音楽)45.2
ステファンエドバーグ(テニス)45.3
竹内まりや(音楽)46
宮崎駿(ジブリ映画)47.2
木山仁(極真空手世界王者)47.2
高野辰之(作詞家 ふるさと 春の小川 もみじ おぼろ月夜 春がきた 長野県中野市)47.3
松尾雄治(ラグビー・新日鉄釜石全日本選手権7連覇)47.3
長渕剛(音楽)47.3 ⇒ 48.3
かん玄(歌舞伎)47.7

ビルゲイツ(マイクロソフト創業者)50.1
甲本ヒロト(Rock and Roll)51.1
稲葉浩志(Rock and Roll)51.3
松下幸之助(経営の神様)51.3
さくらももこ(ちびまる子ちゃん)51.7
マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者CEO・デービッド・ロックフェラーの息子)51.7
桃田健斗(バトミントン)52.1
デービッド・ロックフェラー(ロックフェラー家第3代当主)52.2
ネイマール(サッカー)52.3
宮沢賢治(作家)53.2
ディエゴ・マラドーナ(サッカー)53.2
ラファエル・ナダル(テニス・グランドスラム20回優勝)53.2
数見肇(極真空手世界王者)53.3
ノバク・ジョコビッチ(テニス・グランドスラム20回優勝)53.5
ジャッキーチェン(ハリウッド俳優・蛇拳・酔拳)53.5
内村航平(オリンピック体操金メダリスト)53.5
野村忠宏(オリンピック柔道三連覇)53.7
平尾誠二(ラグビー・京都伏見工業高校主将で全国初優勝。のちにスクールウォーズのモデルとなる。同志社大学全日本選手権初3連覇。神戸製鋼主将全日本選手権7連覇。オールジャパン主将)53.7
イチロー(メジャーリーガー)54.7
長州力(プロレスラー)55.1
稲盛和夫(京セラ創業者)55.3
松井秀喜(メジャーリーガー)55.5
ロジャー・フェデラー(テニス・グランドスラム20回優勝)55.6
藤井聡太(将棋)55.5
野茂英雄(メジャーリーガー)55.7
宇多田ヒカル(音楽)55.8
田中将大(メジャーリーガー)55.8
矢沢永吉(音楽)56.7
レディーガガ(音楽)57.1
ジョンレノン(音楽)57.3
美空ひばり(音楽)57.3
マイケルジャクソン(音楽)57.5
ピート・サンプラス(テニス・グランドスラム14回優勝)57.7
スティーブジョブズ(Apple創業者)63.1
ハンク・アーロン(メジャーリーガー本塁打王755本)63.3
志村けん(喜劇コメディアン)63.5
ミックジャガー(音楽)64.7→61.3
ロッドスチュワート(音楽)65.2
手塚治虫(漫画家)65.3
千代の富士(相撲)65.3
平野美宇(卓球)65.5
ジネディーヌ・ジダン(サッカー)66.3
シュテフィ・グラフ(テニス・グランドスラム22回優勝)66.5
ポールマッカトニー(音楽)67.1
落合博光(野球 3冠王3回)67.2
エルトンジョン(音楽)67.3
メッシ(サッカー)67.5
室伏広治(オリンピックハンマー投げ金メダリスト)67.5

アジャシャンティ55
エックハルトトール64

伊藤美誠(卓球)71
ビートたけし(映画監督)71
辻井信行(ピアニスト )72.4
アイルトンセナ(F1レーサー)73.1
王貞治(ホームラン王)77.4
草間彌生(画家)83.5
羽生結弦(フィギアスケート)92.3(オリンピック2連覇前までは83 )
臼井 甕男(臼井霊気創始者)92.3

マイケルジョーダン103
大谷翔平107
サティアサイババ107.1
プリタジ(O&O)107.3
リサウィルソン(マルコニクス共同開発者)108.1
マックスクリスチャンセン(クンルンネイゴン)112.3
中山晋平(作曲家 しゃぼん玉 あめあめふれふれ 肩たたき 砂山 中野小唄 鞠と殿様 証城寺の狸ばやし 長野県中野市)113.3
アリソンデービッドバード(マルコニクス創始者)118.3
二サルガダッタ・マハラジ122.2
フロイド・メイウェザー(5階級50戦20年間無敗ボクサーチャンピオン)145.3
ウマジ(oneness univercity ダーサジ)153→154.7
OSHO(バフワン・シュリ・ラジニーシ)332.3
坂本龍馬422
マハリシマヘーシュヨーギ427
クリスティアーノロナウド429
Papaji パパジ(プンジャジ)431

クリシュナジ(O&O)723
YOGUMADA753 

チャップリン795
シュリカルキアンマヴァガバン833
明石家さんま1233
ラマナマハルシ1332
臼井甕男(臼井霊気創始者)1337
愛子内親王(愛子様)1357
令和天皇1377
シルディサイババ1433
ラーマクリシュナ1631
Flower of life2531
ババジ6335
岡本天明





kuthumiクートフーミ
Hydrogen Technology
saint germain聖ジャーメイン
Elon Reve Muskイーロン・マスク
Nikola Tesla二コラ・テスラ
99華聯ファーレン
El moryaエルモリヤ

天照大御神アマテラスオオミカミ
弘法大師 空海
maitreyaマイトレーヤ

伊邪那岐命・伊邪那美命

更に高位次元

神産巣日神カミムスビ☆3
大国主命オオクニヌシのミコト☆4
Vegaベガ☆7
Lyraリラ☆10
elettraエレクトラ☆13
meropeメローペ☆15
alcyoneアルシオーネ☆18
Pleiadesプレアデス星団☆18
高御産巣日神タカミムスヒ☆73
Altairアルタイル
Andromedaアンドロメダ
tauタウ☆105
ℨReticuliゼータレチクル☆147
sanat kumaraサナトクマラ(アッセンデッドマスター)☆150
Gautama Siddharthaゴーダマシッダールタ(仏陀・釈迦)☆151
Sivaシバ神☆152
五芒星☆153
Orionオリオン☆275
Siriusシリウス☆387
Aldebaranアルデバラン☆573




たて座UY星☆6,533
Miryam(Maryam・Mapia・Maria)聖母マリア
black holeブラックホール☆737,752(2019年イベントホライズンテレスコープにより初めて撮影に成功)
OOWADA
Arcturusアルクトゥルス☆




Jesus Christusジーザス
Saint Francis of Assisi
Procyonプロキオン
天之御中主神アメノミナカヌシ

 

the great central sun

 


Hiranyagarbhaヒラニヤガルバ(黄金の子宮)

MARCONICS Grace elohim 

Ignacio Lopez de loyla(Inigo Oinaz Loiora)



◎2021.8.28.
☆ろんのもる(over soul)2021.8.28.


あゝふるさと
source of all(源・たま)

ユーミン(音楽)43
中島みゆき(音楽)44
久石譲(作曲家 ジブリ 長野県中野市)45.2
ステファンエドバーグ(テニス)45.3
竹内まりや(音楽)46
宮崎駿(ジブリ映画)47.2
木山仁(極真空手世界王者)47.2
高野辰之(作詞家 ふるさと 春の小川 もみじ おぼろ月夜 春がきた 長野県中野市)47.3
松尾雄治(ラグビー・新日鉄釜石全日本選手権7連覇)47.3
長渕剛(音楽)47.3
かん玄(歌舞伎)47.7


<マスターレベル50>
ビルゲイツ(マイクロソフト創業者)50.1
甲本ヒロト(Rock and Roll)51.1
松下幸之助(経営の神様)51.3
さくらももこ(ちびまる子ちゃん)51.7
マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者CEO・デービッド・ロックフェラーの息子)51.7
桃田健斗(バトミントン)52.1
デービッド・ロックフェラー(ロックフェラー家第3代当主)52.2
ネイマール(サッカー)52.3
宮沢賢治(作家)53.2
ディエゴ・マラドーナ(サッカー)53.2
数見肇(極真空手世界王者)53.3
ジャッキーチェン(ハリウッド俳優・蛇拳・酔拳)53.5
内村航平(オリンピック体操金メダリスト)53.5
野村忠宏(オリンピック柔道三連覇)53.7
平尾誠二(ラグビー・京都伏見工業高校主将で全国初優勝。のちにスクールウォーズのモデルとなる。同志社大学全日本選手権初3連覇。神戸製鋼主将全日本選手権7連覇。オールジャパン主将)53.7
イチロー(メジャーリーガー)54.7
稲盛和夫(京セラ創業者)55.3
松井秀喜(メジャーリーガー)55.5
藤井聡太(将棋)55.5
野茂英雄(メジャーリーガー)55.7
宇多田ヒカル(音楽)55.8
田中将大(メジャーリーガー)55.8
矢沢永吉(音楽)56.7
レディーガガ(音楽)57.1
ジョンレノン(音楽)57.3
美空ひばり(音楽)57.3
マイケルジャクソン(音楽)57.5
ピート・サンプラス(テニス)57.7
スティーブジョブズ(Apple創業者)63.1
志村けん(喜劇コメディアン)63.5
ミックジャガー(音楽)64.7→61.3
ロッドスチュワート(音楽)65.2
手塚治虫(漫画家)65.3
千代の富士(相撲)65.3
平野美宇(卓球)65.5
明石家さんま(お笑い)65.7
シュテフィ・グラフ(テニス)66.5
ポールマッカトニー(音楽)67.1
落合博光(野球 3冠王3回)67.2
エルトンジョン(音楽)67.3
メッシ(サッカー)67.5
室伏広治(オリンピックハンマー投げ金メダリスト)67.5


<一瞥・覚醒体験し世にメッセンジャーとして出ている方々55~70>
アジャシャンティ55
エックハルトトール64


<エンライトメントレベル70>
伊藤美誠(卓球)71
ビートたけし(映画監督)71
イーロン・マスク(テスラ・PayPal・スペースエックス・ハイパーループ・Zip2・ソーラーシティ)72.1
辻井信行(ピアニスト )72.4
アイルトンセナ(F1レーサー)73.1
マイケルジョーダン(バスケットボール)74.7
クリスティアーノロナウド(サッカー)75.7
岡本天明(日月神示・自動書記)76.1
王貞治(ホームラン王)77.3
ニコラ・テスラ(発明家)77.6
サルバドール・ダリ(画家)81.3
草間彌生(画家)83.5
パブロ・ピカソ(画家)83.7
フィンセント・ファン・ゴッホ(画家)86.3
レオナルド・ダ・ヴィンチ(画家)91.1
羽生結弦(フィギアスケート)92.3(オリンピック2連覇前までは83 )


<アバターレベル110~150>
OSHO94
ラマナマハリシ95
シュリカルキヴァガバン96.5(現在93.5)
チャップリン(喜劇俳優)103
サティアサイババ107
中山晋平(作曲家 しゃぼん玉 あめあめふれふれ 肩たたき 砂山 中野小唄 鞠と殿様 証城寺の狸ばやし 長野県中野市)113
ラーマクリシュナ117
パパジ126
ババジ133
シルディサイババ133
フロイド・メイウェザー(5階級50戦20年間無敗ボクサーチャンピオン)145
ウマジ(oneness univercity ダーサジ)153
saint Francis of Assisi177
マイトレーヤ177
弘法大師 空海187
大天使ミカエル185~
ウリエル193
ゴータマシッダッタ213
golden orb233
Sanat Kumara235
fiower of life251
モリヤ263
Hilarion273
saint Germain277
五芒星305
クートフミ347
ブラフマー352・ヴィシュヌ353・シヴァ365
イザナギ373・イザナミノミコト372
マザーメアリー437
アメノタジカラオウ戸隠奥社(長野県長野市)457
アマテラス467
ジーザス567
ソロモン577
九頭龍戸隠(長野県長野市)613
ドンイグナシオデロヨラ637
アメノミナカヌシ677
elettraエレトレ(エレクトラ)755
meropeメローペ777
湧玉池(静岡県富士宮市 ・富士山本宮浅間大社)777
alcyoneアルシオーネ830
source of all1000~
the great central sun1370~

真我覚醒ワーク セッションについて

真我覚醒ワーク
セッションについて

クライアント様の現在の目覚めレベルを最初に把握しておきます。
目覚めレベルはエネルギー的洞察、女性性第六感により感知しキネシオロジーで精査していきます。(本質の微細なエネルギー(真我)の広がりを感知します。)現在の目覚めレベルからご希望の目覚めレベルまで解放、アップグレードしていきます。今在る場所から始めることです。あなたが在りたいと思う場所からではなく。

目覚め(awakened being)は段階的です。例えて言うと、悟り(enlightened being)を無量大数~Source of allとした時、10の目覚め、20の目覚め、30の目覚め、40の目覚め・・・と、内なる最奥へ向かって目覚めレベルが上がるごとに量子場(エネルギーフィールド)に真我・実在の微細なエネルギーは顕わになっていきます。量子場(エネルギーフィールド)に展開する光の大きさと密度は段階的に増していきます。

10年前から、クライアント様には「玉ねぎの皮理論」としてお伝えしてきました。「玉ねぎの皮」=「自我マインドの鎧のヴェール」に例えて、皮を剥くほどに真我・実在が顕われ、全ての皮(自我マインド)を剥き終えるとそこには境界線のない広大無辺の真我・実在の無条件のフィールドが広がっているという例えです。一瞥も含めプロセスを体験した人々の立ち位置は百人百様です。10の目覚めも、40の目覚めも皆その体験は深遠であり神聖なものです。神秘体験の後、再び自我マインドに包まれますが元に戻ってしまったわけではありません。変容の体験は不可逆的であり元に戻ることはできません。一度顕現した真我・実在のエネルギーは永遠です。次の自我マインドのプロセスがやってくるだけです。例えば、40の目覚めの人は1から40までのマインドプログラムのお掃除はすでに終えており、40までの真我・実在意識がすでにエネルギーフィールドに展開しています。その後そこに41以降のマインドプログラムのプロセスが混ざり合って流れ込んでくるだけです。

一瞥体験を語るメッセンジャーの多くが目覚めレベル50~60で観察されます。一瞥・覚醒体験をしたメッセンジャーは垣間見たことで探求の終焉を宣言されます。その通り真理への探究は終わります。祝福のハプニングにより永遠の至福、境目のない愛に満たされ真の自己に目覚める体験、現実と幻想のどんでん返しの体験は平たく言うと「わかっちゃった」という観点においてゴールでしょう。

しかし「探求の終焉」と「内なる旅」はまた別です。
目覚めレベル50~60の体験者たちはその後の内なる旅を歩むか否かは自由ですがマインドプログラムはまだまだ続くでしょう。

 また昨今のメッセンジャーによる情報の内容があまりにも一瞥・覚醒の大きな一発逆転の体験だけが「目覚め」であるかのような印象を受けますが、その情報を目にした新しい探求者たちの中で大きな一発逆転の一瞥・覚醒体験だけが「目覚め」として固定化していないか、刷り込みチャージされていないかを案じております。インド・南米・アメリカ・長野など世界各地に点在するディクシャ・光のスペクトラムに於いてパワフルな恩寵のプロセスに入ることで体験に至り、地道に目覚めレベルを上げる祝福を受けることができるのです。一発逆転の一瞥・覚醒体験だけが「目覚め」ではないことを知っておくとよいでしょう。むしろディクシャ・光のスペクトラムの恩寵により地道に着実に目覚めレベル50~70にプロセスしエネルギーフィールド(量子場)に光を顕現し人生を体験している方々が今や実際に世界中にあまたおられることを知っておくとよいでしょう。

当方でもすでに目覚めレベル50~の方々がどんどん出てきています。目覚めレベル70~140の方々も十数名おられます。さらに、スピリチュアルというカテゴリーで活動することだけが目覚めた意識で生きる道ではありません。トップアスリート、テクノロジー開発者、音楽家、芸術家など様々なフィールドでスピリチュアルを一切語らずとも、一切知らずとも、70~145の目覚めた意識で人生を体験し表現されている方々もあまたおられます。

ウパニシャッド哲学の賢者たちは人類にこう表明しました。
「真の自己」は永遠であり不滅の至福であることをしりなさいと。

Awakening is not a destination.it is a never ending journey.
アウェイクニングは目的地ではありません。それは決して終わりのない旅です。
Oneness is not a one stop destination, but a never-ending unfoldment.
ワンネスとは一駅だけの目的地ではなく、そこには終わりなき道が永遠に続いています。
Sri kalki Bhagavan

目覚めレベル50~60で一瞥体験により探求を終焉し意識の拡大を終えるのも自由です。その後も更なる最奥へ内なる旅のプロセスを味わい真我・実在意識を拡大展開してゆく奇跡を存分に体験するのも自由です。当方の真我覚醒ワークは最奥への内なる旅を楽しむ冒険です。私自身もsource of allをここ地球において量子場(エネルギーフィールド)にどこまで顕現できるのか、魂から湧き起こる衝動のままに日々冒険を楽しんでおります。60の目覚めの人がラマナマハリシと、60の目覚めの人がゴータマ・シッダールタと同じ光の周波数、密度を常時24時間顕現し展開していると勘違いをしないためにも優劣ではなく今の立ち位置(事実・真実)を知っておくことは大切であると思います。体験したことや知っていることのほかに可能性のスペースはないと勘違いを起こすことがないように、展開する真我・実在のエネルギーをフェイクなしに目を逸らさずに真っ向から見抜くことは、誰かに告白するためではなく内なる旅路で自分自身に対して誠実に垂直に向き合っていく上で大切であると感じています。

 知的生命体として、施術家として、また、内なる旅人として、解放のエビデンス、自分のステージ・立ち位置(真実)を知っておくことは大切であると考えています。内なる旅のプロセスにおいて、「積み上げてきた経験年数」「積み上げてきた知識量」「積み上げてきた地位・名声」などマインド構造の基礎の中で誰もの中に潜む「重要性の維持」のバイアスが肥大化しそれに気づかずに同一化してしまうと「頭でっかち現象」を引き起こし、エネルギー的に本質を見失います。そして、このエネルギークライシスは客観的検証を鈍らせ真の成長を妨げることになります。常に「自身の精査、検証は本当だろうか」と疑いを持ち、自分自身に対して厳しい目を持つことでプロセスにおいて気づきをもたらします。自分の内側に嘘をつかず正直に観る「内なる誠実性」の態度は大切であると感じています。

月星座が射手座、数秘術7、マヤ暦150黒kinである私の本質はそのままモロ「探究・研究」です。盛ることなく、目減りすることなく、等身大の自分のステージを知ること、そのものの事実を知ることが真実の探求には必要であり、観念に支配された盲目的な視野に気づき、余計な理屈を排除し、とことん内なる旅を追求した結果として、霊性(意識レベル、目覚めレベル)の成長につながると感じています。漠然とエビデンスのない解放はしません。
そのためビフォーアフターで真我の周波数エネルギーが拡大展開していることをご希望の皆様にはチェックしていただいております。ご自身の写真の波動エネルギーと、対象する写真の波動エネルギーを用意しそれを基軸にすることでビフォーアフターで検証します。ご自身の波動エネルギーが確実に拡大展開していることをチェックできます。(7~8割くらいの方が両手で微細なエネルギー周波数を感知できていますが、感知できない方もいらっしゃいます)
セッションは解放時間の設定と目覚めレベルの設定をして真我実在に委ねます。アップグレードは神聖の如く正確に自動的に導かれます。

ステージが上がり意識の変容が起こりますが、誰かと同じものはなく一人一世界の旅路になります。その先のステージで何を感じ、何を体験するか、例えば、富士山3合目には3合目の景色があり3合目の課題がタイムリーにやってきます。5合目には5合目の景色があり5合目の課題がタイムリーにやってきます。そこで気づくこともたくさんあると思いますが「理屈は後からついて来い!」というスタンスでゆとりを持って参りましょう。

知識と情報に溢れる昨今、富士山1合目(目覚めレベル1~5の例え)で沢山の他者の体験本をインプットしてわかったつ・も・りになっていることに気づくことが大切です。富士山1合目(目覚めレベル1~5の例え)で分別ありき訳知り顔で覚醒メッセンジャーとして出てくる方もたくさんおられることもまた現状です。マクロの大局的視座では万物流転としてすべてが完璧な流れの中で起きることが起き、マトリクスにロックされマインドに支配された現時点での人類の意識レベルではこのようなストーリーが起きることもプロセスなのでしょう。ただミクロの地上視座で案ずるところは、受け手側であるスピリチュアルの情報に触れる圧倒的多数の人々が、名声、メジャー、高度に雄弁な言葉だけを観ていて、エネルギーの本質を全く観ずに汗水流して得た大切なお金を投じているというところです。「エネルギーの本質を観る」これは私自身が今まで大切なお金を投じる際にシビアに精査し観てきたことです。シンボルとなっているエネルギーの目覚めレベルはどうか、シンボルとなっている人物の目覚めレベルはどうか、そしてそのワークを何年か続けたことでシンボル人物のエネルギーはどこまで進化しているか、クライアントはどこまで進化しているか、大切なお金を投じる際に限ってはもう少しエネルギーの本質を観た方が良いのではないか、逆に何故エネルギーを観ないのだろうと世を憂い案じるのでした。体験者は体験したと語ることで安心、重要性を得ていることを知っておくとよいでしょう。体験したと語る体験者の言葉ではなく真我実在エネルギーがどれほど拡大し展開しているかを見抜きましょう。

重要なポイントは、あなたに訪れた祝福により実在意識の光が拡大することで、あなたがどんなエネルギー体験をし、どんな気づきがあり、目覚めた意識で人生を生きているかが先であり全てです。唯一無二のあなたの体験が全てです。玉ねぎの皮1兆枚(=自我マインドの鎧のヴェール)に包まれたまま富士山1合目で思考フル回転で延々といつまでも真理について負けじと理屈、講釈、議論している場合ではないのです。人生が暮れるのです。理屈や講釈は後でいいし、知識や情報を学習しインプットすればいくらでも装飾された言葉たちは誰でも紡ぎ出せるのだから。

古代インドより「一人生で悟りを得ることはラクダや象を針の穴に通すほどに難しい」という言葉があります。
現代においては、大局的マクロの視点では、アストロロジーでもスピリチュアルでもアセンションのフェーズであることは広く言われています。人智を超えた集合意識のフィールドで変容は起きていることでしょう。しかし、個人的ミクロの視点では、探求者一人一人の潜在意識下で変容が起きてもあまりにも地道で微小な進捗であることが多く、目覚めのスペクトラムをスムーズに拡大し顕現しているかといところでは現状まだまだラクダや象を針の穴に通すほどに難しいと感じています。それでも世界の探求者たちは、今も莫大な時間、労力、お金をかけながら、内なる衝動に突き動かされて帰依の道、霊性進化を地道に求め続けています。
私もその労力をずいぶん長い間体験してきました。今回、私が皆様に、その労力を減らすお手伝いができることをわかっていただけるかもしれません。
Source of all(真我・実在)はここ3次元地球を含め高位次元まですべての源(たま)であり、そのエネルギーはあらゆる高位次元の高周波数帯をも凄まじく超越し圧倒的です。Source of all(真我・実在)の祝福、恩寵は私たちに違うステートを体験させてくれます。この招かれたビューティフルなライトワークを本当の意味でエネルギー的洞察で見抜き求めて頂けることに歓びと感謝を感じております。

制限のない無条件のフィールドへ精魂込めてさせて頂きます。